スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルッキンコン 大阪城ホール 2005.6.19 夜公演 

三回公演の夜の公演。
大阪ラスト!
Mちゃん、Tさんと一緒にスタンド1列に!
(ただし360度ステージの斜め後ろに位置するので、仁は通りすぎるのみ~~~ 泣)
同じくお友達に送ったメールより

2008.6.26追記あり↓ 3部オーラスです!











えっと、この回の私の席は正面からステージに向かって右の後ろ側のスタンド1列目。
ステージの後ろのはけるところからサイドに続く外周通路の、サイドより後ろへ寄った側。
ステージの右後ろの外周通路のカーブのあたりの1番前です。
外周との距離は1メートルないくらい。ほんとにすぐそこを歩いて行く感じ。
ただね、仁ちゃん亀ちゃんはやっぱりステージ前側か真後ろ向きで歌うので、
斜め後ろあたりの通路はただ通りすぎていくだけなんですね。
(サイドではちょっと止まったりもあるけど)
他のメンバーにくらべて後ろ側は通る回数も少なくて。
友達はじゅんのやジュニアが好きなので、
いろんなジュニアの子たちと握手してもらって、本当に楽しそうでした!(聖にもさわってました。)
私はどうもそういうのできなくて。
う~ん、仁ならさわれるならさわりたいけどなんだかそんなこともできないし、手を伸ばしても微妙な感じ。
最後の「Precious One」はじゅんのが目の前で歌ってくれた。

そのじゅんのは、ソロでロンダードからバク宙するとき、初めのロンダード部分で失敗しちゃって、自分でもびっくりしたそうです。

メンバー紹介では、亀ちゃんはまたM字開脚。
仁ちゃんはなんとロンダードからバク宙。
(じゅんのみたいに身体が伸びた美しいものじゃないですが。)
バク転は今回するかもと聞いてましたが、バク宙は自分でもうれしかったみたいで、MCで自分から話してました。
ノーマターマターのスタンド登場シーンでは、仁ちゃんファンに引っ張られてトロッコから一度落ちちゃった(落ちそうになった??)ような感じ。
双眼鏡でも遠くてはっきりわからなかったけど、危ない!!

MCでは仁ちゃんのanegoが土曜にクランクアップだったと報告。それが終わって大阪に来たんだって。
亀ちゃんはなんだかゲームみたいな変な笑い声が出たことが楽しかったらしく、
(声がかすれててそうなっちゃったのか)
忘れないようにと何回もその笑い声をやってましたよ!
「you今日うるさかったよ」とジャニーさんに言われるかもと、真似もしてました。
みんなとにかくテンション高くて
上田君が仁にシャワーしてるとこのぞかれた話から始まって、じゅんのものぞかれたとか、
亀ちゃんが中丸君のシャワーを見たときの話とか。
聖一人冷静で、「おめーらうるせー」と話を戻してました。
じゅんのや仁のバク宙の話はココで出たんだけど、
みんな最初はバク転とかできなくて、
亀ちゃんも昔ポップジャムという番組でkinkiの光一くんに
「亀、バク転できる?」
「いえできません・・・。」
「ふ~ん、じゃ、やってみ?」
といわれて、できるようになっていったんだって。
けっこう光一くんって怖い存在(尊敬の意味もこめてね)みたいだったよ。

ごくせんコーナーでは、
亀ちゃんは「すしとめで~す」って金八先生ネタもしましたよ。
その後バイクで走るところは仁ちゃんが二回前を通ったんですが、二回ともちょうどRockin'の間奏のところで、
「ジョンジョンジョンジョン♪」と間奏に合わせて歌いながら走り抜けていきました。

亀ちゃんのソロの後の台宙は、私が見た中では一番かっこよく決まったんじゃないかな。

仁ソロからはただただ必死に仁を見ていたかも。
「Precious One」では、反対側の正面遠いところにいる仁を見ながら、
はずかしいけど、涙がでてきました。
遠いけど、何の障害物もないところに仁がいて(アリーナは下の方だから、間に誰もいない感じ。)
でも「これでおしまいなんだな。」「私が仁に会えるのはもう最後かもしれない」(大げさ??)そう思ったら切なくて・・・。
主人も子供もいて、その生活もあると、次にほんとにコンサートやイベントに行けるかどうかはわかりませんよね・・・。
ばかみたいだけど、そんなこと思ってたら切ない曲調にやられちゃいました。
すぐ近くで歌ってるじゅんのもほんとに手足長くて綺麗で、個性豊かで素敵なグループだなって、改めてシミジミ・・・。

アンコールはルシエル。
そして二回目はハルカナ約束。
仁はあっという間に通り過ぎて行きました。
こちらのスタンド側はとうとう一度も見てくれることなかったです。(シュン)
亀ちゃんはやっぱりエンターテイナーという感じで、ちゃんとどちらの方面にもアピール
していくんですよね。

何だか感想ばっかりで全然レポにならなくてごめんなさい。
まだどっぷり昨日の余韻に浸っていて
楽しいのか切ないのかとにかくただただどっぷりです。


2008.6.26↓

素晴らしいお席にこんなこと思っちゃいけないけど
近いのに仁が遠く感じた・・・・・・・
スタンド1列はいいよ~と聞いていて、確かに最初入ったとき外周通路が同じ目線ですぐ近く、手が届くとこにあるのにびっくり!
Mちゃんのお友達(先日梅芸ドリボで会ったJちゃんが来てたみたいで)
Mちゃんのとこにやってきて「すごいね~」(1列目っていうのが)と。
でも、始まってみたら仁はほんとに全然だった。
歩いて通ったのは1度だけかもしれない。
そのときも遠くのサイドのスタンドの方とか、ちょっと先を歩くジュニアの方を見てゆったり通りすぎただけで
(いや、それはそれは綺麗だったんだけど)
そのほかはサイドまで来たのにまた正面側へ引き返したり、
とにかく全然通らない場所だった。
あと通ったのはバイクでぶーーーーーんと通りすぎた時のみ。

でもこのバイクはほんとかわいかった♪
感想、ほんとに歌ってるのよ、「ジョンジョン」って。
生声が聞こえた!
バイク好きなんだな。歌好きなんだな。
ただただ自分が楽しんでる感じが伝わってきて(だって全然他見てないし 笑)
それがほんとにかわいくて楽しくて。
この回は学生服姿のこのシーンに尽きる!!!

あ、あとはジュニアの子たちはMちゃん前に並んでみんな握手してたのでよく見ました(笑)
そんな中も私は遠くの仁を見たりはしてたけど
藤ヶ谷くんとか、北山くんとか、あ~テレビで見る顔だ~って(笑)
ラブオアかな、なんかの曲を聖が目の前で歌ってて
プレワンがじゅんのが目の前で歌ってて
じゅんのの肌の綺麗さと、顔の小ささにはびっくり~
スポンサーサイト
[ 2005/06/19 23:59 ] LIVE | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。